自由国民社『よくわかる行政法』、『よくわかる民法』などの『よくわかる』シリーズは、受験生に人気の定番参考書ですよね。

私は『合格革命 基本テキスト』で勉強したあとに理解を深めるために使いました。

この記事では、『よくわかる』シリーズの特徴や使用した感想をレビューしていきたいと思います。

『よくわかる』シリーズは、文章主体で書かれた参考書

一般的に各社の『基本テキスト』は全科目を1冊に収めているため、図表を使って簡潔に書かれていることが多いですよね。

これはこれで整理されていて良いのですが、初学者には理解しにくいところも出てきます。

その点『よくわかる』シリーズは、図表も適宜使用しつつ基本的には文章で説明する参考書となっています。

写真で見ていただくと、こんな感じです。

よくわかる行政法の紹介 よくわかる民法の紹介

図表もありますが、文章が多いですよね。

二色刷りになっていて、重要なところは青文字になっているのでわかりやすいと思います。

『よくわかる』シリーズは確かによくわかる

私はおもに『よくわかる行政法』と『よくわかる民法』を使用しましたが、どちらもよくわかりました。

なぜわかりやすいかというと、考え方のプロセスも書かれているからだと思います。

いわゆる『基本テキスト』の場合は紙面が限られているので、図表を使って知識を整理し、簡単な説明を加える形になっています。

『よくわかる』シリーズは科目ごとに分かれていて、ページ数も多いんですね。

たとえば『よくわかる行政法』は416ページあります。

そのため、一つ一つのテーマに対して十分な解説がなされています。

ただの説明ではなく、どうしてそのような法律になっているのかという理由まで書かれているんですね。

さらに、「ちょっと納得いかないですが、こういうルールになっています」など、読み手の気持ちになって書かれているところもあるので、感情的にも理解しやすい思いました。

『よくわかる』シリーズの構成

『よくわかる』シリーズは内容構成もわかりやすくできています。

まず、各テーマの冒頭には「学習ナビゲーション」というコラムがあり、そのテーマを学習する上で押さえておきたいポイントが書かれていいます。

内容は文章を中心に適宜図表が用いられますが、注釈にちょっとした追加情報や説明が書かれているのも助かります。

ところどころに「一歩前進」「ここが狙われる」などのコラムがあるので、授業を受けている感覚で勉強できるでしょう。

各章の末尾には関連する過去問がいくつか掲載されており、学んだ内容を実戦チェックすることができます。(行政書士以外の資格試験の過去問も掲載されており勉強になります。)

本全体の構成が工夫されているものもあり、たとえば「よくわかる民法」では単純に物権→債権と進んで行くのではなく、あえて前後する章構成が取られているのも注目に値します。

『よくわかる』シリーズおすすめの使い方

私の場合は、『合格革命 基本テキスト』を2回通り読んだあとに「よくわかる」シリーズを2回通り読むことで基礎を固めることができました。

その後、『よくわかる』シリーズを読みながら自分なりにノートにまとめていく作業をしました。

『よくわかる』シリーズは文章主体で書かれているので、それを読んで理解しながら自分で図表を作っていく感じです。

ここまでやると、基礎的な知識はかなり整理されてきますよ。

ただしかなり時間がかかるので、実行するにはそれなりの覚悟が必要です。

ちなみに私は『よくわかる憲法』と『よくわかる会社法』も買ったのですが、憲法は読まなくても理解できたため、会社法はほぼ捨てる戦略だったために半分程度しか読みませんでした。

まとめ

『よくわかる』シリーズは評判が良いだけあって確かに理解しやすい参考書でした。

1冊ものの基本テキストに『よくわかる』シリーズを加えることで、基礎をしっかり固めることができると思います。

時間があるかたは、『よくわかる』シリーズをノートにまとめて自分なりの基本テキストを作ることをおすすめします。